事業概要

設立許可
1974年
財団法人東京保健会(前身の秋元研究所設立 1949年10月27日)

2013年4月1日
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人の認定等に関する法律の施行に伴い 一般財団法人東京保健会に移行
名誉理事長
下出 久雄
理事長
權守 光夫
職員数
140名
主な事業
総合臨床検査、研修結果の発表、母子保健衛生事業、
医療技術者研修事業、臨床研究助成事業、環境・公害研究事業
衛生検査所登録
(27板保生医け第7号)
生化学検査、血清学的検査、血液学的検査、
寄生虫学的検査、微生物学的検査、病理学的検査

組織機構(法人事務所)

事業内容

総合臨床検査センターの運営

病院、診療所、検診センター、衛生検査所、介護福祉関連施設など、約400施設より、月約30万件の検体検査を受託しています。

病体生理研究所は、万全のシステム、良く訓練された熟練のスタッフによって、生化学検査から細菌検 査、遺伝子関連検査まで幅広い臨床検査をおっております。また、大学病院や研究機関とも連携しつ つ、医療機関の「検査室」として気軽に相談できる、「臨床に役立つ身近なパートナー」としての自覚に立って日 々努力を行っています。今後共、質の高いサービスの提供と、さらなる研鑽をすすめ、臨床に貢献していく所存です。

『母と子の健康』誌の発行

『母と子の健康』誌は1984年創刊以来、第64号まで発行しています。
国会図書館、各地の保健所、託児施設などにお届けしています。
(2016年1月現在)

母子保健シンポジウムの開催

子を育てる母、子によって育つ母…
母と子の健やかな暮らしをテーマに取り組んでいます。
1986年から現在まで、年2回程度のシンポジウムを開催しています。

『病体生理』誌の発行

『病体生理』誌は1964年に創刊し、
研修会の講演や臨床検査の研究を中心に編集し第114号まで発行しています。
検査受託先のほか、全国各地の図書館、公立医療機関にもお届けしています。
(2016年1月現在)

環境公害セミナーの開催

現在、環境問題は深刻な問題です。
私たちは豊かな自然を守るため、環境測定や公開セミナーを開催しています。

医療技術者研修会

生涯教育を重視しています。
医療技術者の技術向上をめざし、
各専門職種を対象とした研修事業をおこなっています。
1989年から現在まで、133回の研修会を開催しています。
(2016年1月現在)

案内図

Google Mapで見る

★東武東上線大山駅南口より徒歩約15分
★池袋東口国際興業バス⑧⑨番乗り場より
  光が丘駅ゆき・小茂根5丁目ゆき・赤羽駅西口ゆき
  赤羽車庫ゆき 大山バス停下車徒歩約5分
★池袋西口国際興業バス④番乗り場より
  千川経由日大病院ゆき 大山西町バス停下車徒歩1分
  日大バス停下車徒歩約1分